Top
カテゴリ:::cinema( 9 )
熱い熱い
a0007476_16352712.jpg抱擁を見ました。
熱い熱い男同士の。そして感動の。
ひとつめは、ポポビッチとブラウン。
勝者への賞賛と敗者への尊敬。
もうひとつは、ポポビッチとまだ汗がしたたるダンカン。
苦しい戦いの中で勝ち取った、感動の抱擁だった。

夜は夜で、どん兵衛と小虎の熱い抱擁。
こっちの方はちょっと笑えた。

---
お〜い、梅雨ってぇのは、どこへ行ったんだいと空に向かって吠えたい気分。

こう熱いとこんな映画でも見て涼みたい気分です。
そのあとは、ここでグビグビッとどうでしょう。
「飲みくらべセット」400円なり。

映画の話題ついでに
むかしむかし、一晩眠らなくても大丈夫だった若かりし頃
「スター・ウォーズ」3部作、オールナイト上映に行った。
夜の11時頃始まって、朝6時頃に終わるという強行上映。
今考えると無謀なことをしたもんだーと思いますが。
(夜が明けた次の日は友達の結婚式で...睡魔と戦いながらパーティに出席した。 )
沢山の人が押しかけ、へしあい、熱気むんむん、席が足りなくて通路に座る人まで...
主催者側はこんなに集まるとは思わずに、チケットをどんどん配ったようです。
で、今回のこの企画。
今も昔も変わらず、「スター・ウォーズ」というと熱くなる人たちがいっぱいいるってことですね。

---
カモの赤ちゃん達は順調に育ちまして、今や
どれがお母さんだか子供だか...わからず。
[PR]
by prop-m | 2005-06-25 16:57 | ::cinema
泣ける映画のあとに、泣けない映画を見た。
a0007476_23524219.jpg「誰も知らない」
過酷で厳しい現実を見せられると
その上、あんなに淡々と描かれると
泣けないもんなんだ。
登場人物たちも全く泣かない。
(泣いてるだろうなぁと想像する所はあるけれど)
唯一、母親(YOUがそのまんま地で演技しとるよ)が眠っているときに、流れることのない涙が目尻にくっついてた。
うっすらと寂しい涙だった。

誰も知らない場所だけれど、やすらかな気持ちになったのも事実。

---
あー、もう5月も終わり。
相変わらずひきこもりで運動不足なくせに
オットがビールをダンボール箱で買ってきちゃうから
ついつい私も風呂後に飲んじゃうし
体重計に乗るのが恐ろしいので、スミッコに追いやってる。
ひゃーと恐怖心が襲ってきたので、こんな遅い時間に腹筋をやってみる。
10回やって、息上がる。ナサケナイデス。
[PR]
by prop-m | 2005-06-01 00:44 | ::cinema
寅さんと「グッバイ、レーニン!」
小学6年から、埼玉の中途半端な田舎から東京下町へ電車通学になった。
寅さんで有名な「柴又」を途中に通りながら
ローカルな電車(単線!)でゴトゴト揺られる日々だった。
なので、寅さん映画の中に柴又駅のホーム
(さくらに見送られながら寅さんは上野方面の上り電車で旅に出る)が映ると
それはもう、郷愁そそられまくり。

んなわけで、なんで寅さん映画を思い出して、郷愁に浸ってるかっていうと
「グッバイ、レーニン!」を見たもんで。
舞台は東西ドイツ統一の混沌とした時代なんで
柴又とは全く縁もゆかりもないんだけれど
登場人物が寅さんとダブります。
病気のお母さんにショックを与えないため
東ドイツがなくなったことを悟られないように画策する主人公が寅さん。
主人公のお姉さんがさくら。
主人公の恋人のナースさんがマドンナ(とってもキュートです)。
校長先生が笠智衆の午前様。
近所のおじさんがタコ社長。などなど。

時代の変化についていけない老人たちのせつなさ。
若者達の不確実な中にも明るい希望。
当時の出来事や車、食べ物(東ドイツのピクルスの瓶を探すシーンは笑えます。)を知っていたら、もっと楽しめたはず。
寅さん映画にも言えるけど、おもしろくて、おかしくて、やがて悲しい。
くくくっと笑って涙する忙しい映画です。
[PR]
by prop-m | 2005-05-29 17:54 | ::cinema
ぜーんぜんカメラ目線になってくれないわんころ。
a0007476_2344895.jpg飼い主さんがいなくなっちゃって、不安げな表情が
なんともせつなくって、かわいい。






「タイガータイガー、ジレッタイガー」期待通りですね。
蒼井 優嬢、「リリィ・シュシュのすべて」「花とアリス」を見て、ナイーブな演技するなーと感心してたらば、こんなコミカルな役もなんなくこなしちゃってねー。
これから続々と公開予定の映画があるようだし、2005年は彼女の年と断言してしまおう。

もぉー、コロンコロンとした姿に心鷲掴み。
セントローレンス湾へ赤ちゃんアザラシを見に行くツアーがあるそうですね。
こりゃこりゃ、一度は行ってみたいもんだわ。
[PR]
by prop-m | 2005-05-02 00:20 | ::cinema
まゆげコンプレックス
a0007476_16442919.jpgビストロ喜楽亭のカレーパンが旨そうに並んで、食べて食べてーと合唱してたもんだから、今朝の朝ご飯はカレーパン。
ちょっと胃にもたれました。
喜楽亭の壁にはカンガルーカレーの看板の文字。
(2月限定らしいです。)
ほぉー カンガルーの肉ってどうなの〜?

DVD「きょうのできごと」
最初田中麗奈ちゃんと妻夫木さんの関西弁が不自然のような気がしましたが
だんだんと自然に思えるようになるから不思議。
(サイトを見るとかなり練習したみたいですね。)
クスッとした笑いあり、ちょっとせつなかったり、じんわりきたり。
池脇千鶴ちゃんの関西弁演技はほんまもんやわ〜(これであってる?)

田中麗奈ちゃんのまゆげが美しい。
自分のゲジゲジまゆげと見比べてタメイキをつく。
[PR]
by prop-m | 2005-02-20 18:03 | ::cinema
縛られ井戸
乾ききった北風の中の散歩。頬が冷たい。
昨日ようやくDVDジョゼと虎と魚たちを見たこともあって
お供はくるりを聞きながら。

映画のテーマは重いものを扱ってるけど、あくまでも淡々と。
焼き魚、ぬかづけ、だし巻き卵と日本の正しい朝ご飯が温かい。
部屋に置いてある、こまごましたものに愛着がわいてくる。
ヒトコマ、ヒトコマが絵になってました。
くるりも、絵の中に自然にはまってました。

登場人物の中の、おじいちゃんのような風貌のごつい顔のおばあちゃん。(失礼。)
うちの実家の前にも、あんな生活臭のにじみ出たアパートがあって
そこに、このおばあちゃんそっくりの、おばあちゃんが暮らしていて
ネコを沢山飼っていて、お赤飯とスイカが好きで...
あのおばあちゃんを思いだした。まだ元気かなー

a0007476_21521660.jpg私の散歩コースは、まだまだのどかな風景が残ってるところ。
藁葺き屋根の家も2軒残ってるし
井戸も3軒の家の玄関先に残ってる。
(もうさすがに使われてないけれど、1軒だけ水が出て、勝手に使わないでって張り紙がしてある。)
そして新たに見つけた、冬の陽がさんさんと当たる駐車場の片隅で、草にからみつかれてしまった井戸。
ちょっとシュールな味わい。
錆びついた姿が、今まで風雨に耐えてきたってことを静かに主張しているねぇ。
[PR]
by prop-m | 2005-02-01 22:09 | ::cinema
ガオ〜
a0007476_175455.jpg 威嚇してるつもり?

草むらの中で涼んでたのにねぇ。
お邪魔様でした。

---
「少女の髪どめ」
雨の音、工事現場の音などなど、音が効果的でした。
「バラン」っていう女の子の名前、ペルシャ語で雨のことですって。
美しい響きです。
ラストシーンは心にしみいります。
サイトのstory紹介ではラストシーンのネタバレありなので、これから見ようという方はご注意。)

---
う〜、裸足になりたい。
[PR]
by prop-m | 2004-04-22 17:55 | ::cinema
カウリスマキ監督の「過去のない男」
a0007476_181536.jpg小雨の中、はなみずきもハミングしてるようで・・・

カウリスマキ監督の「過去のない男」やっと見られた。
いたるところにトボケタ笑いがちりばめられていて、なんつーか、センスいいなーと思わせてくれる映画です。出てくる人達みんなが、ひと癖あるんだけど、どこか不思議な間があって、そこにピリッとした味付けがされてるような感じです。ハンニバルもね、かわいいです。その後CSで「ニューシネマパラダイス」やってて、途中からだったけどやっぱり涙して、ホロリときて、映画ってホントにいいなーと思った午後でした。


---
姪1号からメールがきて「心配はなにもいらないです。」だって。
おばさんはまたまたホロリときて、なんか彼女も大人になったんだなぁと思った次第です。
[PR]
by PROP-M | 2004-04-14 18:16 | ::cinema
みんな走り続けました。
a0007476_01957.jpgとにかくよかった。よかった。
---
最近ハマッテルお茶です。
オレンジ&ココナッツのとってもトロピカルなお味。
---
○最近見たDVDその1「離愁」
これほど目で演技する女優さんがいるなんて。
立っているだけで絵になる女優さんがいるなんて。
○最近見たDVDその2「ハリウッド☆ホンコン」
太っちょ親子3人と豚「ママ」がいい味出してる。
全編通して赤が印象に残ります。
[PR]
by prop-m | 2004-03-19 00:21 | ::cinema