Top
<   2004年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
2004年の終わりに
a0007476_17353032.jpgベランダの手すりの雪を集めて、雪だるまを作った。
なんか無骨な雪だるまです。
夕方からの雨で溶け溶け、あとかたもなくなってしまった。

早いよ〜
なにもかも中途半端なまま、終わろうとしてるよ〜
大掃除も部屋1しかできず、年賀状もまだ作成中。
おせちだって、あり合わせでなんとか済まそうとしてる。
この前のリベンジということで、黒豆だけは煮た。
さっき、つまんだけど成功したようだよ。
来年に持ち越したことばかりだけど、マイペースで進めていくことにいたしましょ!
(はは、毎年同じこと言ってるよ。)

なんとか続けてきた更新も今年最後。
読んでくださった皆様、ありがとう。
良いお年を。
[PR]
by prop-m | 2004-12-31 18:24 | ::prop news
雪の日
a0007476_1113089.jpg














車の助手席で、雪降る街をぱちり。
新宿で買い物、駒沢で遅い昼ご飯。
雪の中、駒沢公園を散歩するのはどうでしょうと
入り口まで行ってみたけれど、凍えそうな景色が広がっていたので、挫折。
さざんかも震えてました。
[PR]
by prop-m | 2004-12-30 00:42 | ::walking
ムンク顔と宇宙人顔
a0007476_004395.jpga0007476_01691.jpg








この妙な物体は...
旅の途中のどこかの海岸で拾った石なんですけどね。
表の顔(石に表裏があるのかわからないけど)がムンクで、裏が宇宙人顔。
どことなく愛嬌のある石なので捨て去りがたく、私の手元に残ってる。

私は整理ベタなので
旅行に行っても、思い出の品は箱に雑然と入れっぱなし。
思い出したくても、どこで拾ったものかはわからない。

で、今月のクウネル
「なんだって本になる! たばねて、貼って、かがる内澤旬子の本作り」
内澤さんの整理の仕方は、旅に行ったらその日ごとの収穫を封筒に入れて、自宅に毎日送るんですって。
帰ってからそれをたばねて、本にしちゃう。

思い出がつまった自分だけの本なので、うまく作れなくたっていい。
後々ページをめくって、思い出に浸れればそれでいい。
ってことで、今度旅したらやってみましょう。
あー、旅に出たくなった...
[PR]
by prop-m | 2004-12-28 00:39
ニョキニョキとクリスマスツリー
a0007476_14511319.jpg
ひと月ほど、この地味なトクサとつきあってるんですけど
とっても丈夫です。
気がついたらフシからニョキニョキと芽まで出てきました。
なので、オーナメントをつけて
前衛的クリスマスツリーと思うことにしちょります。
(かなり無理がありますけど。)

今日を過ぎたら、本来の和風な地味なトクサとして
また当分つきあうことになるでしょう。




今日あれとあれを送ったので、今年中にやらなきゃなのは、あとひとつ。
それを終えたら、年賀状にとりかからねば。
年内に送れるかしら?
---
天皇杯も、負けちゃった...
天皇杯のタイトル取ると、リーグ戦がいまいち乗り切れないというジンクスがあるそうで
それを聞いた私はちょっとホッとしてます。(負け惜しみですけどね...)
[PR]
by prop-m | 2004-12-25 22:00 | ::prop news
冬の1日
ユトレヒトで紹介されてたので
立花文穂さんの個展「SMTWTFS」を田園調布のギャラリー「東屋」に見にいく。
2005年のカレンダーをモチーフに
カレンダーのタマが、ムダがなく美しく並んでいるのだ。
紙が味わい深く灼けていたり、活版の滲みがいい感じなのだ。
コンクリート打ちっ放しのギャラリーの空気も緊張感が漲っているのだ。
入り口の「東」のサインもカッコイイのだ。

ギャラリーの隣にある宝来公園。
落ち葉をカサコソと踏みしめる小道と
カモがくつろいでいるこじんまりとした池と
曇天の空の下、まだ残る紅葉の赤。

ギャラリーと公園セットで、オススメです。

a0007476_142067.jpg
田園調布の駅に着く頃は、少し晴れ間も見えて
ハイソな雰囲気で(お)食事。

あ、でもうちの2005年カレンダー問題は、まだ解決せず。
[PR]
by prop-m | 2004-12-22 14:10
成功と失敗の繰り返し
a0007476_18402081.jpg「餃子のパリパリの羽」問題ですが
ここにコメント入れてくれた方や
メールをくれた友のおかげで
もうここのところ、すっかり成功続きでございます。
ありがとうございます。
聞いてみるもんですね〜
ね、パリパリなんですよ〜

一方、黒豆を久しぶりに煮たんですが
ちょっと油断したスキに、グラグラと沸騰させてしまい
豆がルンルン♪と楽しそうに踊りまくり
その結果、しわしわになってしまいました。
う、う、失敗。

こうやって料理というものは成功と失敗を繰り返し
経験を積んで、主婦歴も板についていくんだなぁと悟った次第。
まぁ、私の場合、同じ失敗を繰り返すことが多々あるけれど...
[PR]
by prop-m | 2004-12-18 19:06 | ::umauma~
カッラ〜
a0007476_23422236.jpgアッツアツで、舌が麻痺するトムヤンクン。
ひと口目は「カッラー!ヒエ〜(辛いの最上級の表現です)」で
ふた口目は「カラカラカラカラー」で
み口目から「よよよよ、ウッマー」と変化していくトムヤンクン。


大好きなパクチーがなかったので、アジアンな味がもの足りなかった。
色味も悪いわねー
でも、ひと口ごとにクセになる旨さです。


この器、先日、吾妻橋をウロウロしたときに出会ったもの。
「土庵」 後藤義国さんという作家さんのもの。
この年末、忙しかった自分へのご褒美と称して
出歩くたんびに、帰りは荷物が重くなり...
そして、そのたんびにお財布は軽くなり...
[PR]
by prop-m | 2004-12-15 00:13 | ::umauma~
負けちゃった...
a0007476_04930100.jpga0007476_0495573.jpga0007476_050765.jpg








は〜〜
大きなタメイキついてます。
心にぽっかりと大きな穴が開いてしまったので
これからも応援するよ〜っていう気持ちも込めて
とにかく赤い写真を貼り付けておきます。
[PR]
by prop-m | 2004-12-12 00:57
スキーシーズン
a0007476_145376.jpgヤツデの花が咲き始めた。
目立たない地味な花だけど
よくよく見ると球ひとつひとつから角が生えていて
昆虫の触角にも見える。
かわいい。




暖冬だ。
ちょっと気持ち悪いような気がしなくもないけれど...
でも、地震被害で復興に携わってる人達にとって
暖冬はむしろいいことなのかも?(スキー場は困るだろうけど...)

むかし、十日町の後輩の実家にスキーがてら遊びに行ったとき
そこのお母さんが
「ここは雪が深くて、冬は住みにくいところなんだけど...
どうしてこんな所に住み続けるんだって、人に言われるんだけど
春のね、山の雪解けの頃がね、とっても綺麗なのよ。
あの景色を見るとね、冬の厳しさも忘れられるのよ。」
って、少女のような、ころころとした声で言ってた。

スキーシーズンになると、この話を思い出して
雪解けの頃、行ってみたいなぁと思うのです。
[PR]
by prop-m | 2004-12-09 02:11 | ::walking
a0007476_2342151.jpg赤と格闘する日が続くこの頃。
日本の伝統色〔赤〕をテーマにして
平面デザインするお仕事をいただいておるのですが...
DIC/日本の伝統色から赤をピックアップしておるのですが...
長春色、鴇色、臙脂色、赤蘇紡色、小豆色
石竹色、一斤染、茜色、朱色、緋褪色...
なんだかトキメキを覚えてしまうような色名が並んでおるのですよ。
「マダアゲソメシ前髪の」小娘の頬の色だったり
粋も甘いもかぎ分けたお歯黒女の渋い着物の色だったり。

---
う〜、赤が負けちまった〜ぃ。
[PR]
by prop-m | 2004-12-06 00:11 | ::prop news