Top
<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
豆を煮る
a0007476_14384450.jpg水に浸したとたんに変わる鮮やかな色に感嘆していると
そのうち皮がしわしわになる。
それが一転、次の朝にはピンッて張って
そろそろ火を入れていいよ〜とのお告げ。
おばあちゃんの肌が朝になると
きめ細やかな少女の肌に生まれ変わるかのよう。
ちょっとうらやましい〜


アクをとったら、煮立たせないように弱火でゆっくりゆっくり。
これが豆を煮るとき、肝に銘じてること。ゆっくりゆっくり。

南から春を告げる風が吹く。洗濯物をはたはたと舞い上がらせて。
おーなり由子さんは春一番のことを「得意げな春のくちぶえ」)って書いてたっけ。)
[PR]
by prop-m | 2005-02-23 15:17 | ::umauma~
春近しの鬱屈
a0007476_23361795.jpg春近しといえども、まだまだ風が冷たい頃。

このメタルな塀の向こうに
いつも鋭い目をしたネコがくつろいでる。
くたびれたダンボールの中で寝ていたり
上に乗って顔を洗ってたり。
こっちが塀越しに「ちゅっ、ちゅっ、ちゅ」ってやってもしらんぷりなのさ。

「昨日牡蠣にあたっちゃってさー」ってケイタイでしゃべってる人の声。
ついつい耳がダンボになる。「だから今日の飲み会はパス」だって。
ゴドウジョウモウシアゲマス。

そろそろ和菓子屋には桜餅の桜色と草餅の緑があふれて
私がやったパッケージもその中に埋もれてしまうんでしょう。

そして、「へ、へっくしょい〜」と大きなくしゃみふたつ。
あ〜ん、来た来た来た、黄色花粉攻撃。
---
タイガー&ドラゴン 連ドラですって。やっぱり。
[PR]
by prop-m | 2005-02-22 00:11 | ::umauma~
まゆげコンプレックス
a0007476_16442919.jpgビストロ喜楽亭のカレーパンが旨そうに並んで、食べて食べてーと合唱してたもんだから、今朝の朝ご飯はカレーパン。
ちょっと胃にもたれました。
喜楽亭の壁にはカンガルーカレーの看板の文字。
(2月限定らしいです。)
ほぉー カンガルーの肉ってどうなの〜?

DVD「きょうのできごと」
最初田中麗奈ちゃんと妻夫木さんの関西弁が不自然のような気がしましたが
だんだんと自然に思えるようになるから不思議。
(サイトを見るとかなり練習したみたいですね。)
クスッとした笑いあり、ちょっとせつなかったり、じんわりきたり。
池脇千鶴ちゃんの関西弁演技はほんまもんやわ〜(これであってる?)

田中麗奈ちゃんのまゆげが美しい。
自分のゲジゲジまゆげと見比べてタメイキをつく。
[PR]
by prop-m | 2005-02-20 18:03 | ::cinema
水水水......
a0007476_1413878.jpg「水」って字のバランスとるのがむずかしくて
現実逃避の真っ最中。
最近、筆を新調してないから穂先が割れて
思うように書けないんだよ〜って言い訳。



言い訳してないで、さっさと書いてしまいなさいと、心の声と葛藤しながら
手元の本なんか、ぱらぱらしたり
キッチンで煮てるスープの具合を見にいったり
そして、筆の写真を撮ってブログ書いてる自分がいます。

だからー、早く書けーっつうのー。
---
先日の地震でこけた本田さん。
そのくらいで済んでよかった、よかった。
[PR]
by prop-m | 2005-02-17 14:40 | ::calligraphy
泣いて笑って
a0007476_0301349.gif職と住を別々にしようともくろむも、夢やぶれる。
やっぱ、都心は駐車場が高いことよの〜 よよよ〜と嘆く日。

メールマンの引退
ストックトン→マローンのマッハな動きに心ときめかしたアタクシ。よよよ〜と涙を流す日。

そして、キティちゃんがいっぱいにわらわらと笑う日。
あは。黒い顔のキティちゃんもいるよー

泣いて笑って、忙しい日だ。
[PR]
by prop-m | 2005-02-16 00:02
告白。
a0007476_2355396.jpg実は... このネコ、18年もの間、風呂に入ってません。

この前テレビで見たのは、洗濯ネットに入れられて洗われてるネコの紹介。(モゾモゾしながらも、わりとおとなしく洗われてた)
このネコは実家に来て以来、風呂入ってないぞ〜
そんなんでいいのか〜と思いつつ見てましたが...
もう足を洗っただけで、大変な状況になってしまうわけで...
(あばれるわ、ツメをたてるわ、大声で泣くわ)
最近でこそ寝てばかりで、外に出かけることはなくなって
あんまり汚くはならないんだろうけど、それでもねぇ。
1回位入ってみたら、気持ちいいことがわかるんでないかい?
って写真を見ながら問いかけてみる。

それにしても写真写りの悪いやつだ。
[PR]
by prop-m | 2005-02-14 00:06 | ::walking
2005チョコレート狂想曲
a0007476_22222822.jpg仕事柄、チョコレートのパッケージは要チェックなのーと言い訳しつつ、甘いもんの好きな私はいそいそと熱気ムンムンの伊勢丹チョコレート売り場へ。
これだけは絶対にはずせんだろうーと、伊勢丹サイトでチェックしておいた「プラリュウ・ピラミッド」
これだけのカラフルな色をまとめて、かわいく仕上げるなんてね〜 私もこんなデザインがしたいものだわ〜と思いつつ、探し回ったけれど...見つからない。

あららららー、売り切れですって。
(店員さんには申し訳なさそーに、たった2日でなくなったと告げられた。)
あー、しょうがない..........来年まで待つか。

ジャン=ポール・エヴァンは、黒のベースに赤のラインが目立つビジュアルのショッピングバッグ。心電図風?
女の子のドキドキ感を表してるんでしょう。
しゃれてますね〜と感心して、15分(も!)並んで購入。
ショッピングバッグもしっかりともらった。

ゴディバのパッケージの色味は、全くもって私好み。
浅緑、紺青、茶とゴールドのすっきりとしたライン。いいね、いいねー。

パリで一番古いチョコレート店のドゥボーヴ・エ・ガレのパッケージは
白地に金箔と青の紋章。
200年以上越える老舗はゴテゴテ飾らなくたって、これで十分の感あり。

写真は出店してるお店のショッピングバッグの並んだ棚。
パッケージデザイナーとしては、こんなんが嬉しいのよね〜
全部買わなくたってデジカメに収めておけば済むんだからさーと
店員さんに見つからないようにコッソリと...ドキドキしながらパチリ。

それにしても、年に1度のこの甘い祭りってホントにすごいよね。改めて。
まぁ仕事と称しながら、しっかりと私も参戦してるわけだけど。
こうして、しばらく我が家は甘いものには困らないわけです。
[PR]
by prop-m | 2005-02-12 00:03 | ::package
今日の春色
a0007476_18412946.jpg外のヴィオラが雨に濡れて寒そうにしてたので
切り取ってテーブルに飾ってみる。
そこだけほんわかと、かすかな春の気配が漂ってる。
そういえば...
今日通りすがりの女の子がさしてた傘の色が
こんな優しい藤色だったんだっけ。
どんよりと空は曇っているけれど
私の目にはすがすがしい記憶が残った。
春が待ち遠しいねぇ。

.......桜の木を切っている老人に出会った。その桜の枝をいただいて帰り、炊き出して染めてみたら匂うように美しい桜色が染まった。染場中なにか心までほんのりするような桜の匂いがみちていた。私はそのとき、色が匂うということを実感として味わった。(志村ふくみ・文/井上隆雄・写真「色を奏でる」より)
このご本(ついつい丁寧語を使いたくなる)は
染色家の「自然から恩恵を戴く」という謙虚な姿勢がお言葉の中に散りばめられて
おもわず居住まいを正して読み進むことになります。
息をのむほどに美しい写真がいっぱい。

いつも文庫本はお風呂の中で読んでわらわらにしてしまうんだけど
さすがにこれは、わらわらにしてしまうのは惜しい1冊です。
[PR]
by prop-m | 2005-02-08 18:47
今夜の酔っぱらい
a0007476_23404742.jpga0007476_2315361.jpg








白菜の残りがあったので、どうしようか思案にくれていたら
(もう鍋も飽きてきたしね)スーパーの冊子にキムチの作り方が紹介されてた。
そうだそうだ、作ってみようということで、材料揃えて作ってみた。
忘れないように、メモメモ。
------------------------------------------------
青ねぎ(刻む)・りんご(レモン汁をまぶす)・イカの塩辛(刻む)・にんにく(すりおろし)・しょうがの絞り汁・すりごま・粉唐辛子(韓国産)・砂糖・ごま油・塩
これを混ぜて 白菜(塩を振って2.3時間しんなりさせてから水気をふく)の葉を持ち上げながら、材料を挟み込む。保存容器に入れて1週間ほどおく。
------------------------------------------------
ってな感じ。分量は私の性格上、適当〜ってことで。
韓国産の粉唐辛子ってのがなかったので、豆板醤を入れてみた。(邪道かしら?)
あとはクコの実とか松の実も入れてみた。

さて。
食いしん坊の私が1週間も待てるはずもなく、ひと晩置いただけで味見、味見。
あらら、結構イケマス。本格的なキムチにはほど遠いけど
「なんちゃってキムチ」くらいはいってる気がする。(自画自賛。)

そして、今夜も芋焼酎をちびりちびりしながら、ほろほろ酔い酔い。
[PR]
by prop-m | 2005-02-05 23:44 | ::umauma~
捨てることが苦手だから
a0007476_0131886.jpgいつの間にかたまってしまう空になった瓶。
テーブルの上に集めて、眺めてみる。
2次利用ができるかどうか、考えてみる。
気がつくと、瓶もこっちをみつめてる。


---
心がささくれだってるときには
南極プロジェクト/ビデオギャラリー
「コウテイペンギンが基地近くの海氷上に来た」「アンテナ島のアザラシ」を見るべし。
[PR]
by prop-m | 2005-02-04 00:34 | ::package