Top
<   2005年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
甘くみておりました。
a0007476_2358890.jpga0007476_23582521.jpg






昨日は曇天のもと、自転車を三茶まで走らせる。
花粉対策....かなり甘くみておりましてね(家の中に籠もっている分にはひどくないもので)。外の花粉は相当な量漂ってますのね〜。チャリこぎながら、鼻水とくしゃみの嵐はつろうございました。ってわけで、ドラッグストアに駆け込んで、マスクと目薬を勧められるまんま、あたふたあたふたと買いましたようぅううう。
あー、やっぱり薬、処方してもらわにゃーいけませんかのぅ。

三茶の映画館 かっぱ健在でしたよー
濱田家でパン買いましたよー
元お寿司屋さんのこのパン屋さん、引き戸を開けると鮨ネタケースの中に和風なパンが並んでいて、どれもこれも旨いのですが、特に私は金時豆入りのパンがお気に入り。

とりあえず、ほっ。

明日は大森嬢とデート。花粉には重装備で対処いたしましょう。もう。
[PR]
by prop-m | 2005-03-31 00:40 | ::walking
花見前
a0007476_1544255.jpga0007476_1545886.jpg






しとしとと糸をたぐるような春の雨が降る中、桜の蕾も水を滴らせてるのは良い風情ですね。だれが書いたか記憶が定かではないんですが、満開の桜を「たががはずれた」と表現したお人がいましたが、いまかいまかと咲く桜を気にしつつ川縁を歩くのも一興ですね。

このハトは桜の木の下でうずくまっていたのだけれど、怪我してる風でもなく、覗きこむこっちを気にしつつもじっとしてる。おそらく彼(彼女)も早く咲かないものかと、花見前の心境だったのかも。
それにしても冷たい雨が、静かに降ってくるなぁ。

ちょっと気分を奮い立たせるときにはsweetboxなんてどうでしょう。
[PR]
by prop-m | 2005-03-28 15:41 | ::walking
彼岸風景
a0007476_0105243.gif神社のネコ。ご機嫌にもゴロンゴロン。







20日は実家に帰って、春恒例の墓参り。春が遠のいたとグチグチふるえつつ、冷たい水で磨く御影石。せっかく膨らんでた桜のつぼみも、キュッと縮まったはず。
今日はうってかわって心地よい春の陽。おこたでうとうと。実家のネコも一緒にうとうと。食べてうとうと。寝てうとうと。なんでこう実家ってえやつは眠いんでしょう?
[PR]
by prop-m | 2005-03-22 00:35
この暖かさが逆戻りすることはないんだよねぇ。
さすがにもうないよね。
何度も裏切られたから懐疑的になってます。

地下鉄でメトロポリターナに出会うと、得した気分になる。車内で本を忘れてしまって、手持ち無沙汰なときにちょうどいい。今月の特集は「パンとむかえる優雅な朝」。うまそ〜なパンが並んでる。来月は「靴特集」。これは気になるなるなる。地下鉄を利用するのが週1あればいい位のワタクシなので、丁度タイミングが合えばいいんだけど。
このレイアウトを担当してるのが文京図案室さん。人声天語の「プールに行く小僧」はツボに入りまくり。「よんばんせん よんばんせん」。
[PR]
by prop-m | 2005-03-16 19:10
アーキラボにヴィトンにプロジェクター
あんまり混んでない「アーキラボ」に行って、ちょっと拍子抜けした昨日でした。覚悟してったのに。
この建築展は、やっぱりある程度、建築の知識を持った人が見るとおもしろいのかも。私などシロートは膨大な資料と映像と模型がごっちゃになって、頭の中を通過していきました(苦笑...)。そんな中、前半の建築家の遊び(?)、もしくは理想と思われるものが展示されていたことに興味を持ちました。昔(50年代位?)は今考えると、無謀なんじゃぁなんてことも考えられたし、夢がいっぱい広がってたこともあるんでしょうかね〜。そういう意味では楽しい建築展でした。
その勢いで「ルイ・ヴィトン展」に流れ、古いものから新しいものまで、さまざまなルイ・ヴィトンのバッグを見た。空間デザインは安藤忠雄氏で、さまざまな工夫がしてあり、かつ見やすく、さすがの感あり。不思議だったのは、入り口でおばさま二人のくしゃみが止まらなかったこと。やや2〜3分、くしゅんくしゅんしてた。そしてその後も入ってきた人達がかなりの割合でくしゃみをしてたので、古いヴィトンのバッグに何か原因があるのかも?って推理したくなりました。ちょっぴり旅心をそそられる展覧会です。

その後、オットが前から欲していたプロジェクターを買いにいきましたけど...かなり迷いに迷って、お店の人と長時間やり取り。もういいかげんにしてくれろーって感じでしたけど。帰ってからオットがごそごそと設置して見せてくれて、ほほー、なかなかでかい画面がいいですね、なんてサッカーの得点シーンで「おー!」「あちゃー」なんて歓声挙げてたら、いつもいつもオレがやってあげて、楽しむのはオマエなんだーとグチッテマシタ。はは。
今もサッカーが私の頭上で繰り広げられてます。
[PR]
by prop-m | 2005-03-13 16:33
ごにょごにょ。
a0007476_0151899.gif

まったく本宅の[works]を更新してないので
ここで更新ごときなことを。ごにょごにょ。
ずーいぶん前にやらせてもらった店舗のロゴマーク達です。
秋田にありまする。

---
あは。ここの松本牧場っていうお菓子のパッケージ、笑える。
[PR]
by prop-m | 2005-03-11 00:39 | ::prop news
みんな13日まで
あー、今日は何回くしゃみしたんだろー。
今までの寒さがウソのような陽気ですね。うららかな春ですね。
そんなこんなで、3月もウソのように過ぎていくのですね。

今度の日曜までに、森美術館のアーキラボを見に行けるだろうか。終了間際に行くとめちゃ混みなんだろうなぁ。聞くところによると、じっくり見る展示方法なので3時間強は覚悟しなきゃならんらしい。足腰の衰えを感じる今日この頃、はて絶えられるだろうか。
ピガ画廊の福井紀子展「せんとハンコ」オルネ・デ・フォイユ「ネコの履歴書」展は、青山だから見に行けるはず。たぶん。行けるかなー? ...うー、怪しくなってきた。

---
夜中にそういえば..と思いガサゴソと、去年の「KOKOCHINO」を取り出して、けしゴムハンコ作家・福井紀子さんの記事を読み返してみる。モチーフ選びがしゃれてますね。お相撲さんとか、握り鮨とか。今回はどんなモチーフを見せてくれるのやら。

---
金曜まで、三茶のかっぱ映画館(今はかっぱなくなっちゃってたのねー。気づかなかったよ。)で「スイミングプール」と「父帰る」やってるよー。どっちも見たかったやつだよー。
[PR]
by prop-m | 2005-03-08 23:16
これからは覚え書き日記になると思う
----先週行ったところ----
○ジャパンショップ
「春の椿」ハウス オブ シセイドウ  4/10まで
椿づくしでした。1階では安達瞳子さんによる「花の芸術」。2階は椿の絵巻物や絵画、工芸品などなど。香月泰男作「白椿」の油絵のわびさびが好きです。テーブルの引き出しを開けてボタンを押すと、テーブルの盤面に歴史やポスターや商品が浮かび上がる展示方法も、なかなかアイデアですね。
○コンランショップ アクシスなど雑貨店
キッチンで使うゴミ箱を探してます。オットは丸いのがいいと言ってるけど、私はコーナーにピッタリ収まるものを所望。アクシスでは7万もするゴミ箱があった。ゴミ箱に7万!それはちとどうかと思うよ。カッコ良かったけどね。
コンランさんでは赤ずきんちゃんと目がばっちり合いました。連れ帰りました。

----風呂本----
○川上弘美のものいろいろ。「センセイの鞄」大人のメルヘンです。「溺レる」エロティックな短編集ですが、どこか醒めた目で見てる。「蛇を踏む」は奇想天外。「ゆっくりとさよならをとなえる」は楽しいエッセイです。
○向田邦子「冬の運動会」。 正月ドラマ見て原作も読んでみようと思ったので。昔やったドラマでは植木等の役が志村喬だったんですね。まぁ、時代の違うドラマだし、もう志村さんは亡くなってるしで、比べることがおかしいんだけど、あの役は志村さんにぴったりだと思う。昔のドラマの再放送希望します。

----DVD----
○「デボラ・ウィンガーを探して」ハリウッド女優も同じ悩みがあるんやねー。ジェーン・フォンダがかっこいいです。
○「ロスト・イン・トランスレーション」スカーレット・ヨハンソンのまなざしが「キュンッ!」てなります。
[PR]
by prop-m | 2005-03-06 15:54
お知らせ
a0007476_17555215.jpg春〜はなのみ〜の風〜の寒さや〜♪と口ずさむ日。
寒かったり暖かだったり
あやふやだったり、ケリがついたり
ご機嫌伺いの日だったり、手作りの日だったり
あわただしい3月の始まりです。




1年続いたこのブログ。
なんとなくゴチャゴチャのページに違和感を覚え
気分転換にこちらでぽそりぽっそりやってます。
はてさて、いつまで続くやら。
なので、このブログの出番は減ると思いますので、あしからず。

本宅も模様替えしたいもんですのー
[PR]
by prop-m | 2005-03-01 18:14 | ::prop news